ニュース365

旬な話題、気になる話題を分かりやすく説明しています。

夏バテの症状と対策とは

お盆も過ぎて、夏休みも後半になりましたね。

管理人の住んでいる福岡では、8月は雨が多い印象です。
湿度が高く、じめじめした感じが続いていますね。

暑さと、じめじめが続いていますので、
いつの間にか夏バテになっている可能性もあります。

夏バテの症状を紹介しますので、チェックしてみてください。

スポンサードリンク

夏バテの症状とは

夏バテの主な症状とは、

・全身の倦怠感
・思考力低下
・食欲不振
・下痢
・便秘
・頭痛
・発熱
・めまい

以上が夏バテの主な症状になります。

とくにお子様(幼児)や、高齢者のいる家庭では注意をする必要があります。

幼児は、からだの調節機能が未熟なために、脱水症状を起こしやすいです。

我が家の2人の娘も、ものすごく汗をかきすぎて驚きます。
本当に全身から汗が噴き出すといった感じで、洋服もびしょびしょになります。

夏になるとクラーのない生活は考えられませんね。

夏バテになると、理由もないのにやる気が起きなかったり、
体がだるかったりします。

普通の通勤・通学がいつもよりしんどいときや、食欲がないとき
などは注意した方がいいでしょう。

スポンサードリンク

夏バテの対策方法

では、夏バテかもと思った時の対処方法を紹介します。

夏バテになったと思ったら、一番の対策は十分な睡眠をとることです。

暑い夏は、普通に生活しているだけでも、
汗を大量にかいて、体力をかなり消費してしまいます。

このことを認識して、体の負担できるだけ減らして、
上手に休むことが大切です。

夜も暑くて寝苦しいときは、クーラーなどをうまく活用して寝やすい環境を作りましょう。

ただし、クーラーの風に直接当たるのはよくありません。
クーラーの効果的な使い方としては、扇風機と組み合わせて使うといいです。

クーラーはあまり低すぎない温度設定にして、クーラーと向かい合うように扇風機を置いてください。
そうすることで、クーラーの涼しい空気を効率よく部屋に循環させることができます。

クーラーをつけたまま寝ることに抵抗がある人もいるでしょうが、
暑くて、寝苦しいと感じるときだけや、寝付くまでの1、2時間のタイマーを活用しましょう。

夏バテのときは、我慢するというのが一番よくありませんので、
ゆっくりと休むことを優先させましょうね。

最後までお読みいただきありがとうございます。^^

スポンサードリンク

 - 健康・からだ