ニュース365

旬な話題、気になる話題を分かりやすく説明しています。

オウムの寿命って何歳?オウムを買うときの注意点は?

オウムの寿命って何歳か知っていますか?

先日、「30年ぶりに行った喫茶店に、昔行ったときにいたのと同じようなオウムが居て驚いた!」

こんな話を聞きました。

オウムはそんなに長生きなのか?寿命ってどのくらいなのか?をリサーチしましたので、その結果をお伝えしていきますね。

それでは見て行きましょう♪

スポンサードリンク

オウムの寿命は?最長で何歳?

オウムはかなり長生きな様で、大体が30年から50年程度の寿命の様です。
一番長く生きたオウムというのは100歳と言われています。

ただし、100年ともなると、飼い主さんが変わったりしたことで、
正確には分からないそうです。

ですので、オウムを買うためには、30年以上は生きるという覚悟で飼う必要がありますね。
一世代でなく、2世代くらい掛けて飼い続けるということになります。

なぜ、オウムがそんなに長生きなのか?ということを調べると、
オウムだけでなく、鳥類は比較的長生きみたいです。

その理由は、先祖が恐竜だからといわれています。
とにかく、哺乳類とは進化の過程が違い、恐竜が進化した生き物なので、長生きできる様です。

時代をさかのぼって考えなければならず、
「ミトコンドリア」が鍵を握っているようですが、話が難しくてついていけません。(泣

スポンサードリンク

オウムの寿命を買うときの注意点や費用は?

オウムといえば、おしゃべりできるのが特徴ですよね?
コチラの言葉を真似して返してくれるイメージがあります。

そんなオウムを買ってみたいと思ったことはありませんか?

オウムを買う時の注意点や必要な物、毎月必要な費用等を紹介します。

まずは、オウムを買うときの注意点は、先程も紹介しましたが、
オウムはとても長生きなので、高齢の方が飼う場合には、自分が亡くなった
後のことまで考えて準備をしておく必要があります。

それと、とりかごと防音の設備が必要です。

オウムは、雄叫びをしますので、周りの方に迷惑にならないように対策が必要です。
防音室か防音ケースが必要です。

オウムの個体によって、雄叫びの頻度や大きさは違うようですが、
そうとうな音量のようですので、それなりの対策は必須ですね。

防音ケースについては、鳥かごのサイズに会う防音のケースがあるようです。
値段は4万円くらいからでしょうか?

オウムの飼育に必要なものは、
オウムの餌とおもちゃ代は必要ですね。

大体、月7千円から1万円程度が平均金額として必要です。

オウムを飼い始めてから、オウムがなれるまでの間は、
病気などの可能性を考えて、治療費も必要になるでしょう。

毎日、放鳥してあげてる必要があるので、
旅行などは基本的にはいけなくなると考えた方がいいでしょう。

これらの準備は最低限必要になるでしょう。

オウムについてのまとめ

・オウムの寿命は長く、種類にもよるが、30年以上生きる。
・オウムは雄叫びをするので、飼育には防音対策は必須。
・オウムは毎日、放鳥してあげる

オウムを飼うには、それなりの調査と、覚悟が必要ですね。

本当に、一生のパートナーとして迎え入れるという表現がぴったりです。

今回、オウムについて調べましたが、オウムを飼われている方は、
オウムが可愛くて仕方ないのだと感じました。

スポンサードリンク

 - その他