品川駅って何区にある?品川区じゃないのにビックリ!


先日、友達にこんなことを聞かれました。

 

友達
品川駅って何区にあるか知ってる
管理人
知らないけど。品川駅なんだから品川区じゃないの?
友達
ブブー違います。品川駅だから品川区って(笑 そんなに単純じゃないんだよ。答えはおしえないよ。そんなの常識だから後で調べとけ!
管理人
・・・・

 

このような理由から、今回は、品川駅が何区にあるかということを調べました。品川駅だから品川区って普通は考えると思いますが、違うようなのでリサーチしていきましょう。

 

それではゆっくりとご覧ください。

 

スポンサードリンク

品川駅は何区なの?

品川駅

 

品川駅の住所を確認すると

 

  • 品川駅の住所は、東京都港区高輪3丁目26−27です。
  • ということで、品川駅は港区にあります。

 

新宿駅のように、複数の区にまたがっている駅もありますので、念のため品川駅を地図で確認してみましょう。

 

 

品川駅地図

(c)OpenStreetMap contributors

地図確認してみましょう。黄緑の点線が品川駅で、赤の点線が港区と品川区の境目です。品川駅は全て港区内にあるということが分かりますね^^

 

次は、東京の23区の区分けの画像で港区を位置を確認しましょう。

 

東京23区の港区

 

上の図の赤で囲んだ部分が品川駅のある港区です。

 

管理人
品川駅というのだから、品川区にあった方が分かりやすいですけどね。なぜ港区にあるんでしょうね?

 

品川駅なのに港区にある?理由は開設当時にあった!

明治大正昭和平成令和

 

品川駅なのに、品川区ではなくて港区にある理由についても調べました。

 

現在の感覚から言うと、品川駅なのに品川区じゃないのは分かりにくいと思いますよね。

 

東京に住んでいる人も品川駅は、品川区にあると思っている人は多いのではないでしょうか?

 

品川駅なのに港区にある理由

品川駅の名前の由来は、2つあると言われています。

  • 開設当時の1872年(明治5年)に、現在の品川駅のある目黒川河口付近が「品川湊(しながわみなと)」と呼ばれていた
  • 品川駅計画1871年(明治4年)時点では、品川駅の地域は、品川県(現在の都道府県とは違い、明治政府によって設置された県)であった。

 

このような理由から、品川駅という名前は決められたんですね。

 

品川駅が開設された1872年(明治5年)とは、現在の都道府県や東京の23区が出来るよりはるかに前に品川駅はあったんですね。

 

その後、東京都や23区という行政区画が作成されていくなかで、品川駅の地域は、芝区になり、麻布区、赤坂区と合併を経て、現在の港区になったという歴史があります。

 

スポンサードリンク

品川駅の出口は何区なの?

改札口

 

品川駅には、大きく2つの出口がありますが、それぞれが何区になるか?ということを調べました。

 

最初に全体を画像で分かりやすくまとめました。

 

品川駅出口地図

(c)OpenStreetMap contributors

 

画像の赤の点線が港区と品川区の境目を表しており、青字が出口の位置です。

  • 品川駅の出口は、港南口(東口)、高輪口(西口)両方とも、港区にある

 

以上のことが、地図で確認した結果分かりました。

 

管理人
品川駅は、出口も含めて港区あることが分かったね。品川区ではないということも忘れないようにね

 

まとめ

今回の記事では、品川駅は何区になるのかということ、それぞれの出口は何区なのかを調べた結果を紹介しています。

 

  • 品川駅は港区にある。
  • 品川駅の出口は、港南口(東口)、高輪口(西口)の2つで両方とも港区にある。
  • 品川駅が品川区でなく港区にある理由は、品川駅が開設が先で、その後23区が作られる中で港区になった。という歴史を紹介しました。

 

このようなことを紹介しました。

 

今回の記事を書きながら、品川駅について少し詳しくなったいくのがとても楽しかったです。他の駅についても記事を作成していきたいと思いました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました