ニュース365

旬な話題、気になる話題を分かりやすく説明しています。

バレンタインの由来!チョコをあげるのは日本だけ?


2月14日はバレンタイン

 

私も昔好きだった女の子から、手作りチョコを貰ってうれしかったことを思い出します。

 

その時の女の子が今の奥様♪
なんてことはありませんが素敵な想い出です^^ (違うんかい! Σ(゚д゚lll)

 

バレンタインは、女の子が思いを寄せる男の子にチョコを渡す特別な日!
そんなバレンタインですが、その由来を知らない人って結構多いのではないでしょうか?

 

今回はバレンタインのちょっと切ない由来を紹介します。

 

スポンサードリンク

バレンタインの由来は?

バレンタインの始まりとされているのは、ローマ時代の出来事。

 

場所は、イタリアのローマ。

 

ローマ

ローマ帝国の皇帝が、なんと兵士の結婚を禁止してしまいました。

 

理由は、家族を残した兵士の「生きて帰りたい」という思いによって、
他の兵士の士気が下がると考えたからです。

 

そんな中、バレンタイン牧師は、愛する2人のためにこっそりと結婚式をしてくれていました。

しかし、それが皇帝にばれてしまい、捕まって処刑されてしまいました

 

バレンタイン牧師の愛深い行動が感謝されて、処刑された2月14日がバレンタインデーとなりました。
このような切ない出来事から始まったのがバレンタインなんです。

 

今では、バレンタインは世界中で行われています。

しかし、バレンタインにチョコというのは、日本が始まりということを知っていますか?

 

バレンタインといえばチョコの理由

イギリスのローマが由来のバレンタイン。

 

チョコ

日本では、バレンタイン=チョコですから、世界でも同じ!と思いますよね。
しかし、世界では全くそんなことはありません。(・∀・)

 

バレンタイン=チョコとなったのは日本が最初なんです。
チョコ業界やお菓子業界が「バレンタインにはチョコを送りましょう♪」と宣伝して広がったためと言われています。

 

さらに、ホワイトデーもその頃に、大人の戦略によってバレンタインデーのお返しをする日として作られました。( まさかの企業戦略か!Σ(゚д゚lll )

 

それが、当時の小学生~高校生に受け入れられて広がりました。
学校で気持ちを伝えて、ドキドキ、ワクワクする感じがヒットしたのでしょう。

 

それから日本では、すっかりチョコレートが定着していますが、欧米ではどうなのでしょうか?
日本と欧米のバレンタインの違いについてお話します。

 

スポンサードリンク

日本と欧米の違いとは?

日本では、バレンタインといえばチョコ!
しかし、欧米では違うようです。

 

日本と欧米のバレンタインの違いをまとめました。

 

日本のバレンタイン

  • 愛する気持ちを伝える
  • 女性から男性へ
  • チョコレートを渡す

欧米のバレンタイン

  • 感謝の気持ちを伝える
  • 恋人やお世話になった人へ
  • バレンタインカードやお花

 

日本と欧米の大きな違いは伝える気持ちの違いです。

 

日本では、愛の告白的な意味が強いですが、
欧米では、お世話になった人への感謝の気持ちを伝えます。

 

そして、女性から男性といった決まりはなく、
男性からから女性でも、男性から男性にもプレゼントを渡します。

 

プレゼントもお花やケーキやカードなどが多く、大切な相手と仲の良さを確認する日という感じでしょうか?

 


 

今回は、バレンタインの由来日本と欧米の違う部分などついて解説しました。

感謝の気持ちを伝えることも、愛する気持ちを伝えることも素晴らしいですよね。

 

きっとバレンタイン牧師も喜んでくれていると思います(*´∀`)

では、素敵なバレンタインを過ごしてください。

 - 行事・イベント