ニュース365

旬な話題、気になる話題を分かりやすく説明しています。

花火の捨て方!未使用の花火を捨てるにはどうするの?


未使用の花火どうしよう!?

 

友達と、彼氏(彼女)と、はたまた家族と、花火をしようと思い買っておいた花火。そのまま使わず数年間放置してしまった・・・。

 

数年前の花火ですし今さら使うのは危ないような気もします。それじゃあ捨てるしかないと捨て方を考えてもどうやって捨てればいいか分からない…

 

そこで今回は花火の捨て方について、いろいろとリサーチを行ってきました。どうすれば花火を安全に捨てることができるのか?という部分を紹介していきたいと思います。

 

それでは見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

花火の捨て方!未使用の花火を捨てるには?

花火

 

未使用の花火、捨てるにはどうすればいいのでしょうか。

 

あなたもお分かりかと思いますが、未使用の花火をそのまま、燃えるゴミ(可燃ゴミ)として出すのは非常に危険です。火薬を使っていますので最悪の場合爆発と言う可能性も考えられます。

 

花火を安全に捨てるには?

  • やっぱり花火として使ってからが一番!
  • せっかくの花火ですので、やはり花火として楽しんでから捨てるのが一番だと思います。とはいっても昔の花火に火を付けるのはちょっと怖かったり、湿っていてうまく火が付かないということもあると思います。そんな場合は次の方法で捨てるようにしましょう。

     

  • 未使用の花火を水に浸してから捨てる
  • バケツ

    バケツの中に水を入れてその中に未使用の花火を入れて、そのまま少なくとも丸1日は放置してください。充分に水を含ませるのが重要です。さらに濡れた新聞紙などで包んでからゴミに出すとより安全ですね。

     

 

未使用の花火を捨てる時には、必ずどちらかの方法で火薬を火が付かないようにしてから捨てるようにしましょう

 

さて、未使用の花火を水に浸した後は、何ゴミで出せばいいのでしょうか?引き続き、水に浸した花火の分別について、いくつかの自治体を例に紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

花火は何ゴミになるの?

疑問

 

濡れた花火、何ゴミとして出せばいいのでしょうか。

 

各自治体によって分別方法は異なってきます。これもまた前回までの記事と同様いくつかの自治体を調べてそれぞれどのようなパターンがあるかをリサーチしてみました。

 

濡れた花火の分別方法は?

  • 燃えるごみ(可燃ごみ)として出す地域
  • 東京都町田市、名古屋市、小田原市、札幌市(手数料かかる)、神戸市、横浜市、京都市、福島市、いわき市、北九州市

 

ほとんどの地域で、燃えるゴミとして出す地域が多いようです。各自治体のホームページを確認すると、「未使用の場合は水に浸してゴミに出す」と書いてあるのがほとんどでした

 

詳しいことはあなたの住む各市町村、自治体のホームページをみて確認してみてください。

 

 


 

いかがだったでしょうか。

 

今回は未使用の花火の捨て方についてご紹介してきました。

 

  • 未使用の花火は、水に浸してからごみに出すと安全。
  • 未使用の花火の分別は燃えるゴミ(可燃物)

 

たくさん未使用の花火がある場合などは、一度各自治体に確認してみるのが一番確実です。

 

花火をそのまま捨てるのは危険ですので、絶対にしてはいけません。必ず水に浸してから捨てるようにしてくださいね。

 

 - 生活