ニュース365

旬な話題、気になる話題を分かりやすく説明しています。

節分の恵方巻きって何?由来と豆まきより恵方巻きが選ばれる理由!


あなたは子どもの頃に、節分に恵方巻きを食べていましたか?

 

最近ではスーパーで「節分には恵方巻きを食べるのは昔からの伝統ですよ~」みたいに売られている恵方巻き。

 

正直に言うと、私は、節分に恵方巻きを食べるという習慣はありませんでした。

スーパーに行っても、「そんな伝統知らないし、恵方巻きなんて食ないわよ・・・」なんて思っていました。

 

もしかすると、あなたも節分の恵方巻きに『違和感』を感じたことがあるかもしれません^^

 

周りの人に聞いても
「昔は食べてなかった」
「最近まで知らなかった」
という人がかなりの人数いることが分かりました。

スポンサードリンク

そこで、節分の恵方巻きについてリサーチすると、その理由が恵方巻きの由来にあることが分かりました。

 

さらに、最近では節分では、豆まきよりも恵方巻きが選ばれているというアンケート結果も発見しましたので、恵方巻きの由来と合わせて紹介したいと思います。。

 

そこで、今回は…

  1. 節分に恵方巻きを食べるようになった由来と
  2. 節分に豆まきよりも恵方巻きが選ばれる理由

を紹介していきたいと思います。

 

恵方巻きの由来とは

恵方巻きを食べる家族

節分の恵方巻きの由来は、江戸時代の終わり頃に、大阪の商人たちの間で、
商売繁盛厄払いの意味を込めて海苔巻きを恵方に向かって食べたのが始まりとされています。

 

大阪の一部地域では、節分に恵方巻きを食べる習慣が定着していましたが、全国的には認知はされていませんでした。

 

この習慣を利用して、古くからの伝統であるという風に食品業界が販売促進を行い、全国へ広がったとされています。

 

特に、全国への普及するキッカケになったのは、1989年広島県のセブンイレブンが新イベントとして取り上げたことでした。

 

翌年より広島から徐々に販売エリアを広げ、1995年には西日本、1998年には全国展開を行ったことで急激に普及しました。

 

そして、現在では、恵方巻きは、豆まきと並び節分の行事として行われているという訳です。

 

ちょっと驚きの結果だったのではないでしょうか?
恵方巻きは、昔からの伝統ではなくて、食品業界により広められた策略だったんですね。

 

昔からの伝統の行事ではないのですから、節分に恵方巻きを食べるのを知らない人がいるのも納得できると思います。

 

しかし、それから20年以上たった現在では、節分の豆まきを追い抜いてしまう程に受け入れられているんです。

 

節分に何をしましたか?というアンケートでは、豆まきをしたと答えた人よりも恵方巻きを食べたと答えた人が人が多かったという結果もあるほどに、多くの家庭に受け入れられています。

 

そうなると、逆に何故、恵方巻きがそれほど受け入れられたのが気になりますよね。

その理由も調査しましたのでご紹介します。

 

節分に豆まきよりも恵方巻きが選ばれる理由

鬼と恵方巻き

なぜ節分の恵方巻きが多くの家庭で受け入れられて、急激に普及したのかをリサーチした結果を紹介します。

 

恵方巻きが受け入れられた理由はこのような事があげられます。

 

  • 夕食の献立が決まるから
  • 巻き寿司一本を丸々無言で食べるのが面白いから
  • 豆まきよりも手軽だから
  • 子どもが大きくなったので、豆まきをしないから

 

いかがでしょうか? あなたも恵方巻きを食べようと思った理由が含まれているかもしれませんね。

それでは、1つずつ簡単に説明していきますね。

 

夕食の献立が決まるから

この理由が一番大きな要因なのかもしれませんね。
主婦にとって毎日の献立を考えるのはとても大変なことですよね。

 

しかし、節分=恵方巻きということで1日の献立が決まるというのはうれしいことですよね。
夕食が豆だけという訳にはいきませんから。

 

一本を丸々無言で食べるのが面白いから

恵方巻きを一本丸々しゃべらずに食べるとのは意外と大変ですよね。
いつもは賑やかな食卓が、家族が無言で黙々と食べるというギャップは非常に面白いですよね。
節分ならではといった感じがする点が受け入れられていると思います。

 

豆まきよりも手軽だから

豆をまくのは本当に楽しいですよね。鬼役の人に投げつけるのはさらに楽しいです。
しかし、親になってみると、鬼役をやるのと、その後の掃除が大変・・・なんてこともありますよね。
豆まきに比べると、巻き寿司を恵方を向いて食べるだけですからとても楽ですよね。

 

子どもが大きくなったので、豆まきをしないから

子どもが小さいうちは家族で豆まきをして楽しめますが、子どもが大きくなるとだんだん豆まきはしなくなるものですよね。良くて、豆を食べるくらいになるのではないでしょうか?

これではせっかくの節分がちょっと物足りない感じがしますよね。

 

しかし、恵方巻きは、子供が大きくても、夫婦2人だけでも一緒に恵方を向いて巻き寿司を食べることができますよね。

 

このように理由を見ていくと、豆まきよりも手軽で、夕食としても成立する恵方巻きが、急激に受け入れられたのも納得できると思います。

 

やはりそれぞれの家族の事情がありますから、豆まきをするはちょっと・・・・となることはあると思います。
そそんな家庭でも節分を楽しむもう一つの手段として恵方巻きは広く受け入れられているんですね。

 


 

今回は、節分に恵方巻きを食べることの由来と、最近は、豆まきよりも恵方巻きが選ばれている理由について紹介しました。

 

恵方巻きの由来は、食品業界により広げられた策略だった訳ですが、それだけでなく恵方巻きが広まったのは、恵方巻きが今の家庭に受け入れられる理由があったからでしたよね。

 

豆まきに変わる節分を楽しむ方法としての恵方巻きを取り入れてみるのもいいかもしれませんよ^^

 

それでは、最後になりましたが、2015年の恵方を紹介して終わりたいと思います。

 

2015年の恵方は、「庚(かのえ)の方角」 西微南(西と西南西の間 = ほぼ西南西)です。

節分には、西微南を向いて恵方巻きを黙々と食べましょう。

 - 行事・イベント