ニュース365

旬な話題、気になる話題を分かりやすく説明しています。

テニスの打ち方とコツ!すべての悩みを一発解消


テニスでは色々な打ち方をする必要があります。

 

ストロークだけでも、フォアハンド、バックハンドがあって、その中でもスピン、フラット、スライスなどの球種もあります。他にもサーブやリターン、ボレーやスマッシュ。

 

その時の状況にあった打ち方を選んで、ボレーをしたり、スマッシュをしたり、ストロークをしたり本当に忙しいと感じることもあるかもしれませんね^^

 

人によって得意、不得意はありますが、全てのショットを打てるように練習をしておくことはとても大切です。

 

私は、今まで各ショット別に打ち方やコツについて今まで記事を書いていきています。今回は、それらの記事のまとめとして簡単に記事の内容を振り返りながら紹介していきたいと思います。

 

それでは一緒に見ていきましょう♪

 

スポンサーリンク

 

テニスの打ち方

それではテニスの打ち方をショット別に見ていきたいと思います。動画をいろいろ探していたら構えやストロークの基本を解説している動画がありましたのでご覧ください。

 

「まなぶぅのトントン拍子」

 

構え方や打ち方の基本的な部分が解説されていましたね。やはり基本はとても大切ですのでしっかりと再確認しておきましょう。

 

基本を確認したところで、各ショットの打ち方を紹介していきたいと思います。

 

フォアハンドストローク

テニス男子

 

まずは、テニスで一番打つことの多いフォアハンドストローク。自分の利き腕でラケットを振るために一番最初に覚えるのがフォアハンドだと思います。

 

使用頻度が多いことから、フォアハンドの安定がテニスの上達の上ではとても重要です。フォアハンドに自信のある人はとても伸びるのが早い傾向にあると思います。まずは安定したフォアハンドを打てるようになることが大切ですね^^

 

テニスのフォアハンドの打ち方!安定の秘密は○○に!

 

スポンサーリンク

 

バックハンドストローク

両手バックハンド

 

続いて、バックハンドストロークの打ち方です。バックハンドは片手バックハンドと両手バックハンドの打ち方がありますね。最近の傾向では両手バックハンドの人が増えている傾向があります。

 

両手バックハンドは、コンパクトでも力負けしないというのが最大のポイントです。リターンなどの時間がない場面や高い打点でも攻撃的なボールを打つことができます。

 

テニスの両手バックハンドの打ち方!安定のポイントは?

 

最近は片手バックハンドの人は減少傾向にあると思いますが、まだまだプロでも片手バックハンドの選手はいますよね。王者フェデラー選手が片手バックハンドの代表と言えます。

 

最大の魅力は両手バックハンドよりも遠くのボールを打つことができる点です。タイミングや打点がとても大切で、打点が遅れてしまうと、力が入らないのが難しいと言われいる原因です。

 

テニスの片手バックハンドの打ち方!安定の秘密は○○

 

サーブ

サーブ

 

テニスにおいて一番大切なショットと私は考えています。どんなにストロークを続けても1ポイント、サービスエースでも1ポイント。それならば、サーブの強化が試合で勝つための近道というのは間違いありません。

 

強力なファーストサーブはもちろんですが、安定したセカンドサーブも大切になってきます。今回の記事では安定させることを中心に解説しています。安定させることが出来れば、スピードUP、コースの打ち分けをしてみましょう。

 

テニスのサーブの打ち方を動画で!安定にはコレが一番

 

リターン

テニスをしている人

 

リターンもとても大切なショットです。先程も言いましたが、サーブ1球で決めても1ポイントですが、リターンで決めても1ポイントです。サーブ力、リターン力を上げることが試合で勝つ上ではとても大切です。

 

コンパクトにテイクバックして、タイミングを合わせて上げることが大切です。

 

テニスのリターンのコツ!注意したい3つのポイントは?

 

ボレー

テニス女子

 

テニスではストロークが打てるようになると、浅いボールをアプローチしてネットに詰めて、ボレーで決めるというのが理想的な流れとしてあります。

 

ストロークで打ち合う中で、ネットに詰めたりして、相手にプレッシャーを掛けるというのはとても大切なこどです。

 

ストロークと比べて、ボレーは時間的な余裕が少ないので、ラケット面を作ってあげるだけのコンパクトが大切です。

 

テニスのボレーの打ち方!一番大切なことは?

 

スマッシュ

スマッシュ

 

相手のロブをドカンと決めるスマッシュ。

 

私はとてもスマッシュが苦手で、空振りなどもよくしていました。以前はロブが上がるとハイボレーで返したり、ワンバウンドさせてから打ったりしていました。

 

今では、普通レベルくらいは打てるように上達しています。ちょっとしたコツをつかむことで、スマッシュが劇的に上達することができました。

 

テニスのスマッシュのコツを大公開!私の上達の最大の秘密とは?

 

ドロップ

20150711_2

 

錦織選手も良く使うドロップショット。相手の意表を突いたドロップショットが決まるととても気持ちがいいです。

 

攻撃の幅を広げることにも繋がりますので、是非とも身に付けたいショットです。

 

テニスのドロップのコツ!押さえるべき3つのポイント

 

私が上達した秘密とは?

コーチ

 

最後に、私が最近チャレンジしている「非常識なテニス上達理論」をご紹介したいと思います。

 

私もまだまだですが、以前よりは明らかに安定感やボールの質が上がったと感じています。

 

今までが体重移動でボールを打っていたのに対して、コマのように回転運動の意識でボールを飛ばす新理論です。

 

今よりもっと上達したい、試合で勝てるようになりたいと思っている人はぜひチャレンジしてみたら良いと思います。

 

テニス上達のコツ!私が上達した秘密を大公開!

 


 

今回は、テニスの打ち方やコツについて書いた記事を改めて紹介しています。テニスの沢山の打ち方を覚えるのは大変かもしれません。1つ1つの打ち方をしっかりと確認して覚えていって欲しいと思います。

 

打ち方はすぐに覚えられるものではなく、地道な反復練習が必要です。楽しみながら反復練習を繰り返しすことで思っていたよりずっと早く打てるようになると思います。

 

新しい打ち方ができるようになる!という体験はとても達成感がありワクワクします。その瞬間を目指して一緒に上達していきましょう。

 

それでは、あなたのテニスの上達の助けになることを願っています。

 

 

【テニスに関するお役立ち記事】

 

テニスラケットの選び方!初心者ならこの3本から

 

テニスのガットのおすすめは?初心者なら私の愛用品を

 

テニスシューズの選び方!サイズを決める方法は

 

テニスのグリップテープの巻き方!右利きならこれでOK

 

テニスのセットとゲーム数!図解で簡単に!

 

テニスのポイントの数え方!○○をイメージすると簡単

 - テニス