ニュース365

旬な話題、気になる話題を分かりやすく説明しています。

テニスのドロップのコツ!押さえるべき3つのポイント

ドロップショットを試合で使っていますか?

 

私は試合でドロップショットをほとんど打つことはありませんでした。しかし、最近の錦織選手の試合を見ていると、あんなドロップショットが打てたらな~と憧れます。

 

強く打つだけでなくて、相手の意表をつくことで、あなたの攻撃の幅を広げてくれるドロップ。

 

今回は、ドロップショットのコツを紹介していきたいと思います。どのような打ち方でドロップを打つのか?どのようなタイミングで打つのか?どのような軌道で打つのかなどを解説していきたいと思います。

 

それでは、一緒に見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

ドロップショット打ち方

早速、ドロップショットの打ち方を解説していきますね。まずは、ドロップショットの打ち方の解説動画がありましたのでご覧ください。

 

 

ドロップショットを上手に打つコツは、以下の3つことを意識しましょう。

 

ドロップショットのコツ

  • 強いボールと同じフォームで打つこと
  • バウンドの頂点で打つこと
  • 自分が余裕があるときに打つこと

 

各項目を詳しく解説していきたいと思います。

 

  • 強いボールと同じフォームで打つこと
  • やはりドロップショットは相手の意表を突くショットですので、打つ前に分からないように打つことが大切です。そのために強いボールを打つ時と同じように準備してボールに入ることを意識しましょう。

     

    動画のように高い所にラケットをセットして、スイングするときに抜いてあげるようにしましょう。

     

  • バウンドの頂点で打つこと
  • 効果的なドロップショットを打つためにはボールのバウンドの頂点の辺りで打つようにしましょう。低い打点で下からすくい上げるように打つドロップは相手にばれやすいドロップになってしまします。

     

    バウンドの頂点でスライス回転で打つようにするといいでしょう。

     

  • 自分が余裕があるときに打つこと
  • ドロップショットは、自分に余裕があるときに強打に見せかけて打つのが一番有効です。強打すると相手に思わせて、相手がポジションを下げるような場面で使うと有効です。

     

このような打ち方でドロップショットを打つことができます。スライス回転を掛けてあげることで、あまり弾まないボールを打ってあげることが大切です。

 

そのためにはフワッとしたボールであることが大切ですので、少し高さを意識してあげる方がいいドロップショットが打てます

 

基本的な打ち方は、動画でしっかりと確認しておいてくださいね。同じフォームから打つことが大切です。

 

それでは次の章では、ドロップショットを打った後にどうするか?を解説していきたいと思います。

 

ドロップを打った後は?

テニスコート

 

先程の動画ではドロップの打ち方を解説していますが、ドロップを打った後のポジションも大切です。

 

ドロップを打った場合に、そのままボールを見ていてはいけません。相手が拾う事を考えてしっかりとポジションを移動させることも大切です。

 

基本的には、ボールの後を追いかけるように前に詰めていきましょう。

 

相手がドロップショットを返球する場合は、一番返球しやすいのは同じようにクロス方向へ短いボールで返すか、ストレートへスライスで流すかが多いですので、ポジションを前にしておくと次のボールで確実に決めれるように準備しておきましょう。

 

これでストロークの時のドロップのコツの紹介は終了して、引き続きドロップボレーの打ち方を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

ドロップボレーの打ち方

さて、続いてドロップボレーの打ち方を紹介したいと思います。ドロップボレーは、ストロークのドロップよりもネット近くから打つために簡単に打つことができて、決まることも多いので積極的に使ってもいいと思います。

 

ボールタッチの感覚を身に付けるためにもとても有効ですので、まずはドロップボレーを練習してもいいかもしれませんね。ボールタッチの感覚が身につけば、ストロークでのドロップも上手になります。

 

それでは打ち方の解説動画をご覧ください。

 

 

ドロップボレーの打ち方

  • タッチの感覚が大切
  • 低いボールの方が簡単
  • ラケットを下に抜いてあげる

 

しっかりと各項目を理解して打つことが大切ですので、1つずつ確認していきましょう。

 

  • タッチの感覚が大切
  • 上手なドロップボレーを打つには、回転を掛けながら、フワァとしたボールを打つことが大切です。動画であるようにボールに回転を掛けながら打ちあげる練習をすることで、ボールの勢いを殺す練習をしましょう。

     

    ラケット面を下方向に抜いてあげるように打つのが大切です。

     

  • 低いボールの方が簡単
  • あまり高いボールをドロップショットすると、バウンドしてしまうので胸より下くらいのボールをドロップを狙う様にしまよう。頭くらいの高さであれば、普通にボレーした方がいいですね。

     

ドロップボレーを打つ時は、これらのことに気をつけて打つようにしましょう。ドロップボレーはかなり使えるショットですのでしっかりと練習することをオススメします。

 


 

今回は、ドロップショットの打ち方を紹介しました。ストロークのドロップは相手に分からないように打つことがポイントですので、しっかりと高い場所にラケットセットしてからドロップを打つと有効です。

 

上手にドロップショットを打つためのコツをおさらいすると、

 

ドロップショットのコツ

  • 強いボールと同じフォームで打つこと
  • バウンドの頂点で打つこと
  • 自分が余裕があるときに打つこと

 

相手に分からないように打つこと、意表を突くことを意識しながら打つといいでしょう。

 

そして、ドロップを打った後はしっかりと前にポジションをとることも忘れてはいけません。ドロップを拾った相手のコートはオープンコートが出来ていますので、落ち着いてオープンコートを狙いましょう。

 

おまけとして、ドロップボレーの打ち方も紹介しています。ドロップボレーでタッチの感覚を磨くことで、ストロークからのドロップも上手に打てるようになりますのでドロップボレーから練習するといいかもしれませんね。

 

相手の意表を突くのは、とても楽しいですのでいろいろなタイミングでドロップを打ってみるといいと思います。失敗したときの精神的なダメージを味わうのも経験ですので積極的にチャレンジしていきたいですね。

 

 

【テニス上達の優良記事はコチラ】

 

テニス上達のコツ!私が上達した秘密を大公開!

 

テニスのフォアハンドの打ち方!安定の秘密は○○に!

 

テニスの片手バックハンドの打ち方!安定の秘密は○○

 

テニスのサーブの打ち方を動画で!安定にはコレが一番

 

テニスのボレーの打ち方!一番大切なことは?

 

テニスのスマッシュのコツを大公開!私の上達の最大の秘密とは?

 

テニスのリターンのコツ!注意したい3つのポイントは?

スポンサードリンク

 - テニス