ニュース365

旬な話題、気になる話題を分かりやすく説明しています。

テニスのボレーの打ち方!一番大切なことは?


テニスのボレーが上手くうてない悩んでいませんか?

 

テニスのボレーは、ノーバウンドでボールを打つ訳ですから、時間的にも余裕がなくて難しいと感じる人も多いと思います。

 

ゆっくりなボールだと打てるけど、早いボールになると打てないという人もいるかもしれませんね。私も最初の頃は、早いボールがくると怖くてボレーを上手にすることが出来ませんでした。

 

今回は、テニスのボレーの打ち方をお伝えしていきます。基本となることと、効果的な練習方法をお伝えしていきますので一緒にボレーをマスターしてしまいましょう。

 

スポンサーリンク

 

テニスのボレーの打ち方

早速、テニスのボレーの打ち方を紹介していきます。今回もボレーの打ち方の解説している動画をご覧ください。

 

 

動画の中で解説されていることがボレーの基本になります。

 

ボレーの打ち方で一番大切なことは?

ボールの軌道にラケットをセットする

 

ボールが飛んでくるときは放物線を描いて飛んできますので、ボールの軌道を予測してラケット面をセットすることが大切です。とはいってもピンポイントで予想する必要はなくて、だいたいこの辺りくらいの感覚で大丈夫です。

 

最初のラケットセットの位置が正しくない場合は、ラケットを動かさないといけなくなります。このラケットを動かす動作がミスに繋がる動作になるんですね。

 

まずはゆっくりとしたボレーボレーの練習でボールの軌道にラケットセットの感覚を掴むことを目標にしましょう。動画のようにラケットを動かさなくてもボールが当たる位置にセットできるようになれば、安定したボレーが簡単に打てるようになります。

 

もしも、ラケットセットの感覚が分からないという人にオススメの練習方法がありますので、次の章でご紹介しまますね。

 

スポンサーリンク

 

ボレーのラケットセットの練習方法

前の章でボレーで一番大切なこととして、

 

ボールの軌道にラケットをセットすることをお伝えしました。

 

その感覚を掴むために、ボレーボレーでの練習をオススメしましたが、ボレーボレーでも感覚が掴めない人にはコチラの練習方法がオススメです。

 

 

どうですか?簡単ですよね。

 

オススメの練習方法

ボールを素手でキャッチする!

 

やり方としては、顔の横くらいに手を用意して、ボールをキャッチしましょう。このときにあまり手を動かさずに、身体を動かしてキャッチするようにします。

 

動画では正面に投げていますが、少し横に投げてみたり高さを変えてみたり、いろいろな所に投げるとより効果的です。実際にやってみると、思っているよりも簡単にキャッチできると思います。

 

この感覚を掴んだら、実際にラケットを持って同じ感覚でセットしてみまよう。まずは打ち返さずに当てるだけOKです。手のひらでキャッチできるのですから、何倍も大きいラケット面に当てるのは簡単ですよね!

 

私は実際に試合の前などは、素手のボールキャッチの練習を行っています。ボールの軌道にラケットをセットする感覚をつかむのはこの練習が一番だと思います。

 


 

今回は、テニスのボレーの打ち方を紹介しました。一番大切なことは、ボールの軌道にラケットをセットすることをお伝えしました。

 

ボレーが上手なひとは、ラケットセットの位置からラケットがあまり動きません。早いボールでも簡単に対応できる秘密はラケットセットにあったんですね。

 

ラケットセットの感覚を掴むためには、素手のボールキャッチの練習が一番効果的だと思っています。コチラの練習も動画で紹介していますので確認してみてください。

 

実際にコートで実践してみると、こんなに簡単だったんだと驚くかもしれませんよ。ぜひコートで試してみてくださいね。

 

 

【テニス上達の優良記事はコチラ】

 

テニス上達のコツ!私が上達した秘密を大公開!

 

テニスのフォアハンドの打ち方!安定の秘密は○○に!

 

テニスの片手バックハンドの打ち方!安定の秘密は○○

 

テニスのサーブの打ち方を動画で!安定にはコレが一番

 - テニス