ニュース365

旬な話題、気になる話題を分かりやすく説明しています。

テニスの片手バックハンドの打ち方!安定の秘密は○○


片手バックハンドが安定しない!

 

フォアハンドに比べて、バックハンドは難しいショットだと言えますよね。特に片手バックハンドの動作は普段の生活の中かであまり使う事のない動きのために感覚をつかむのが難しいです。

 

試合でもバック側を狙う戦略は有効ですので、バック側を狙われてミスしてしまったということも多いはずです。

 

今回は、しっかりと安定した片手バックハンドの打ち方を解説していきます。まずは安定感のあるバックハンドを打てるように練習するようにして、その後徐々にハードヒットできるようにしていくのが上達の近道と言えると思います。

 

そして、最後におまけとして、試合で安定した片手バックハンドを使う心構えを1つ紹介していますので、興味があればご覧ください。

 

それでは見ていきましょう♪

 

スポンサーリンク

 

安定する片手バックハンドの打ち方は?

早速、安定する片手バックハンドの打ち方を解説していきたいと思います。今回の内容にぴったりの動画を見つけましたのでご覧ください。安定するコツも紹介されています。

 

 

内容を一緒に確認していきましょう。

 

動画の中の大切なポイントをおさらいしていきましょう。

 

片手バックハンドの打ち方のコツ

  • インパクトの手首の形を先に作っておくこと
  • ボールに縦回転をかける

 

この2つのポイントがとても大切ですので解説していきますね。

 

  • インパクトの手首の形を先に作っておくこと
  • バックハンドを安定させるためには、一番大切なことと言えると思います。

     

    まずは、インパクトの手首の形を先に作っておくことが大切です。

     

    この手首の形がバラバラだと安定してボールを打ち返すことはできません。バック側にボールが来たらグリップチェンジするときに手首の形も作っておきましょう。

     

    そしてボールの軌道に先回りして、準備万端の状態でボールが飛んでくるのを待てれば最高ですね。

     

  • ボールに縦回転をかける
  • 動画でも解説がありますが、安定させるにはボールに回転をかけることが大切です。

     

    まずは縦回転をかけることを意識すると安定したボールが打てるようになります。

     

    回転を掛けることで、コントロールしやすくなって、アウトしにくいボールが打てるようになります。

     

まずは、ボールのスピードは速くなくてもいいので、しっかりとコントロールして狙った場所に返せるように練習しましょう。この段階では、ハードヒットをイメージしてはいけません。まずはコントロール重視の安定したボールを打つことが大切です。

 

そして、ある程度思った場所に打ち返すことができるようになったら、徐々にハードヒットする打ち方を練習するとよいでしょう。次の章では片手バックハンドのハードヒットの打ち方を解説します。

 

スポンサーリンク

 

片手バックハンドのハードヒットの打ち方

片手バックハンドの安定して打ち返すようになったけど、スピードをもっと出したい場合もあると思いますし、何よりカッコいいですよね。

 

そんな片手バックハンドのハードヒットの打ち方を解説している動画をご覧ください。

 

 

今回も動画の内容を確認していきましょう。

 

片手バックハンドのハードヒットのコツ

  • インパクトの手首の形を先に作っておくこと
  • ラケットを横方向に振りぬくこと

 

今回も簡単に解説していきますね。

 

  • インパクトの手首の形を先に作っておくこと
  • 手首の形を作っておくことは、安定感を出す時と同じです。

     

  • ラケットを横方向に振りぬくこと/li>

    安定感を出すためには、縦方向のスイングが大切でしたが、ボールにスピードを出すには横方向のスイングを意識するといいです。

     

    右利きの場合は、右足を軸にしてコマのイメージで身体を回転させることで、振りぬくスピードを上げることができます。

     

この打ち方を覚えると、パッシングショットなどが打てるようになります。フェデラーのような片手バックハンドが打てるようになるかもしれませんね^^

 

これで、片手バックハンドの打ち方は終了になりますが、最後に試合などの緊張する場面でバックハンドを安定させるための心構えを紹介しておきたいと思います。

 

試合でバックハンドを安定させるコツは?

バックハンド

 

試合でバックハンドを狙われて、バックハンドをミスして試合に負けてしまうというのは本当に悔しいですよね。そんな経験からあなたはバックハンドが苦手と思っているかもしれません。

 

バックハンドの安定させるための打ち方は先程紹介しましたが、試合で安定したバックハンドを打つためには気持ちの準備も必要です。その気持ちの準備の仕方をお伝えします。

 

試合でバックハンドを打つ時のコツ

苦手なバックハンドでスーパーショットは打てない!

 

私はあなたがどれくらいのレベルなのかはわかりませんが、少なくともこの記事を読んでいるあなたは、バックハンドを得意とは思っていないはずです。

 

しかし、バックハンドに苦手意識を持っている人の多くが試合になると、バックハンドをフルスイングしてミスを重ねてしまうことが意外と多いんです。

 

恥ずかしながら私も昔は、フェデラーのバックハンドのパッシングショットなどのイメージでボールを打っては、ネットやアウトを繰り返していた時期がありました(汗

 

テニスの試合というのは、緊張するし力も入ってしまう状況です。相手もプレッシャーをかけるためにバック側を狙ってきています。そんな状況で素晴らしいバックハンドが打てるなどとは最初から思わない気持ちが大切です。

 

試合でバックハンドを打つ時の心構え

スイングの力も6割~7割程度のスイングで、確実に返すことだけを考えて打ち返すことに集中しましょう。

 

そうすると相手に決められてしまうかもしれませんが、あなたが自分でミスするよりは断然いいです。

 

そうやってコツコツしっかりとコントロールしていく中で、たまに緩急でスピードボールを混ぜるくらいのイメージを持つと相手も対応できずにミスしてくれることも増えてくると思います。

 

まずは、しっかりとバックハンドではエースは狙わずに、確実に返すことが一番大切です。試合の中でもしっかりとコントロールできる自信を少しずつ積み上げていきましょう。

 


 

今回は、苦手意識をもっている人の多い片手バックハンドの打ち方を紹介しました。まずは第1段階として、縦回転をかけて安定感のあるバックハンドを打てるようになりましょう。そして第2段階として、横方向のスイングで振りぬくスピードを上げて威力のあるボールも打てるようなりましょう。

 

そして、試合では苦手なバックハンドでエースをねらわないことが大切で、6割~7割の力でコントロール重視のボールをひたすら返す気持ちで臨みましょう。プレッシャーがかかった状況でもしっかりと安定したボールを打つことができるようになることを目標にすると良いでしょう。

 

そうやってあなたのバックハンドに対する自信を積み上げることで、あなたのバックハンドに対する苦手意識がなくなり、いつしか武器と呼べるレベルのバックハンドになると私は思っています。

 

 

【テニス上達の優良記事はコチラ】

 

テニス上達のコツ!私が上達した秘密を大公開!

 

テニスのフォアハンドの打ち方!安定の秘密は○○に!

 - テニス