ニュース365

旬な話題、気になる話題を分かりやすく説明しています。

テニス上達のコツ!私が上達した秘密を大公開!


テニスを始めたけどなかなか上達しないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

 

私もテニスで上達したくて、テニス雑誌を読んだり、テニススクールに通ったり一生懸命に練習していましたがグングン上達することはできませんでした。

 

やはり社会人になってからは、テニスができるのは週に1回程度。上手く打てる感覚を掴めても翌週には今まで通りなんてことの繰り返しでした(汗

 

そんな上達しない私でしたが、ある上達方法を知ってから劇的にテニスが上達したんです。今までより時間的にも余裕があるし、ミスする回数もかなり少なくなったんです。

 

本当に嬉しくてニヤニヤしながらボールを打っていました(笑

 

今回は、私のテニスの上達のキッカケになった考え方を紹介したいと思います。テニスが上達しないと悩んでいる方にはきっと参考になると思います。もちろん無料でご覧いただけますのでごゆっくりとお読みください。

 

それでは、一緒に見ていきましょう♪

スポンサードリンク

 

テニス上達のコツとは?

テニス男子

 

私のテニスを劇的に上達させてくれたのは、

 

非常識なテニス上達理論の
コーチングプロフェッショナル安藤さんの
「非常識なテニス上達理論」

 

という考え方なんです。

 

まずは、「非常識なテニス上達理論」を解説している動画をご覧ください。

 

非常識?というとなんだか怪しい感じがするかもしれませんが、全然そんなことはありません。錦織選手やフェデラー選手もこの打ち方をしているんです。

 

なぜ非常識なのかというと、一般的にテニスの基本とされている打ち方とは違うから非常識と呼んでいるだけです。

 

一般的に言われる打ち方というのは、

 

  • 踏み込んで
  • 早く構えて
  • ボールをよく見て
  • 体重移動でボールを飛ばす

 

このようなことが大切とされています。それに対して非常識理論では、

 

  • 踏み込まない
  • 構えない
  • ボールの軌道を予測する
  • 体幹の回転でボールを飛ばす

 

このような事を意識する打ち方です。

 

比べてみると反対のことが大切とされていますよね。今までと違うということが「非常識」といわれている理由なんです。

 

それでは、引き続きこの打ち方をするようになってから、私がどのように変わったのかを紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

どのように変わったのか?

コマ

 

私がこの打ち方を知って、実践している訳ですがどのように変わったのか?という部分をお伝えしたいと思います。

 

まず一番大きな変化としては、イメージが変わりました。

 

今までは、踏み込んで体重移動して打つイメージでしたが、身体の回転でボールを飛ばすイメージに変わりました。コマのようにグインと回転させる力を利用してボールを飛ばすイメージです。

 

そして打ち方を変えたことで、ミスの回数がかなり減ったのは間違いありません。とくにコーチなど上手な人と打ち合うとラリーが長く続くことが多くなりました。ラリーが長く続くのは嬉しいのですが、体力が続かないところが悲しいです。

 

それでは、次からは今までと違う打ち方を実践する時に気をつけたいことを紹介します。

 

注意点は?

私の取り入れた打ち方を実践する場合に注意するポイントがありますので紹介していきすね。

 

ラケットのテンションを下げる

ガット貼り機

 

この打ち方は、ラケットの反発力を使うことが大切になりますので、ラケットのセッティングを見直す必要があるかもしれません。テンションが低くなければ反発力を使う事ができません

 

以前はガットを張る時に、50ポンドから60ポンドくらいで貼ることが主流でしたが、今は低いテンションの人も増えています。私は48ポンドで貼っていますがもう少し下げてもいいかなと思っています。

 

テンションについては、自分にあったテンションを探す必要がありますので、このテンションでとは言えないのですが、50ポンドくらいから少しずつ下げてみるのがオススメです。

 

他人からのアドバイスを聞き流す

聞かない

 

新しい打ち方を実践するときに気をつけたいことは、
他の人からのアドバイスが邪魔になるということ。

 

一緒にテニスをする仲間にも同じ考えを共有して貰えるのが一番ですが、いきなり理解してもらうのは難しいと思います。そのような場合は、まずはあなた一人で実践することになる訳です。

 

すると、新しい打ち方では「踏み込まない」ことを意識しているのに、「しっかりと踏み込んで」などのアドバイスをされたりします。

 

今までは、アドバイスされたらそれに従っていたかもしれませんが、必要なアドバイスか不要なアドバイスかを自分で判断して不要なアドバイスは聞き流す必要があります。

 

体力が必要になる

汗かく女性

 

それと、先程も触れましたが、ミスが減ってラリーが長く続くようになると、体力が必要になります。ミスをした方が楽なんです。自然と体力は付いてきますが、体力をつける努力をするとよりテニスを楽しめるでしょう。

 

私もランニングをしようかなと考えていますが、なかなな実践できていません(笑

 


 

今回は、テニス上達のコツとして私が実践した方法を紹介しています。私の紹介している方法は誰でも簡単に取り組むことが出来る打ち方ですので、本当にオススメです。

 

簡単に振り返ると、私の実践している方法は

 

  • 踏み込まない
  • 構えない
  • ボールの軌道を予測する
  • 体幹の回転でボールを飛ばす

 

このようなことを意識します。

 

そして自分の身体の回転でボールを飛ばすイメージをすることが大切です。

 

構えたり踏み込んだりしない為に、時間的にも余裕があり、ミスがかなり減って、早いボールにも対応することができるようになりました

 

こういった新しい打ち方などをひっそりと取り入れて、自分のテニスのレベルをアップさせるとよりテニスが楽しくなることは間違いありません

 

周りの人が驚く顔を想像しながら、楽しみながら実践されてみてください。

 

 

【テニス上達の優良記事はコチラ】

 

テニスのフォアハンドの打ち方!安定の秘密は○○に!

 

テニスの片手バックハンドの打ち方!安定の秘密は○○

 - テニス