ニュース365

旬な話題、気になる話題を分かりやすく説明しています。

病院のお盆休みin2016年!帰省先で急病になったら


お盆休みで帰省しているときに子供が発熱!

 

帰省や旅行などでは、移動時間が長いことも多いですので、元気そうに見える子供もやはり疲れが溜まっています。ですので急に体調を崩すことは結構あります。

 

そんな場合はやはり、病院で診察してもらうのが一番ですが、そもそもお盆休みは病院は開いているのでしょうか?

 

ということで、管理人の住んでいる地域の病院に直接問い合わせたり、HPを確認したりして調べてみました。

 

今回は、お盆休み期間中の病院の営業日について紹介したいと思います。公共の病院と個人医院ではお盆休みの期間は異なることが分かりましたので、詳しく紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

病院のお盆休みの期間は?

子供発熱

 

お盆休みというのは少し特殊なお休みで、カレンダー上は平日なんですよね。ゴールデンウィークなどと違っての祝日で構成されている連休ではないというのがポイントになります。

 

それでは早速、病院のお盆休みについて紹介していきたいと思います。

  • 公共の病院
  • 個人医院

と大きく2つに分けて病院のお盆休みの日程を紹介していきたいと思います。

 

公共の病院の場合

公共の病院

 

まずは、公共の病院と言われる国立病院や大学病院など場合のお盆休みの期間を紹介します。

 

2016年お盆公共の病院カレンダー

 

※全ての病院が同じではありませんので、目安程度でご覧頂き、各病院へお問い合わせして確認をお願いします。

(画像はクリックで拡大します。)

 

私の住んでいる地域での公共の病院に問い合わせた結果は上記のカレンダーのような結果でした。基本的にはカレンダー通りとなっているようです。ただし、担当医によってはお休みの場合もあるので、事前に確認をしておくことをオススメいたします。

 

公共の病院の場合の注意点をいくつか紹介しておきます。

 

公共の病院の利用時の注意点

  • 受付時間が午前中
  • 全ての病院で同じではないので、それぞれの病院で確認が必要ですが、受付が午前中のみという場合が多いです。

     

    私の地域の病院では、8:30~11:00くらいの時間しか受付してくれませんので注意してください。

     

     

  • 患者が多く、待ち時間が長い
  • 管理人は、普段公共の病院をほとんど利用しない一番の理由がコレ。

     

    以前、公共の病院の直ぐ近くに住んでいたこともあり、ちょっと風邪をひいたので診てもらおうと思ったら、待ち時間2時間で診察5分なんてこともありますので、ある程度覚悟が必要です。

     

    お盆期間中は、個人医院が休みの場合もありますので、通常よりも患者の数は増えることも予想されます。

 

普段あまり公共の病院を利用しない方は、注意点も参考にされて受診されるといいかもしれません。

 

それでは、引き続き個人医院のお盆休みの期間について紹介していきたいと思います。

 

個人医院の場合

先生と看護婦

 

それでは、個人病院の場合のお盆休みについて紹介していきたいと思います。

 

個人病院の場合は、それぞれの病院で自由に休みを決めることが出来るので、お盆休みの期間は病院によってバラバラでした。

 

今回は一番長いお盆休みのパターンを紹介しておきたいと思います。

 

2016年お盆個人の病院カレンダー

 

※全ての病院が同じではありませんので、目安程度でご覧頂き、各病院へお問い合わせして確認をお願いします。

(画像はクリックで拡大します。)

 

今回は、小児科の病院を中心に問い合わせを行いましたが、

 

  • 13日(土)は午前中のみ
  • 11日、14日、15日はお休み

 

というパターンが一番多かったです。

 

13日の土曜日については、普段土曜日の診察をしている病院であれば、開いている可能性は高いのではないかと思います。13日の土曜日に午前中だけでも診察してもらえるのは本当に助かりますよね。ただし患者の数はかなり多くなるのは覚悟しなければなりません。

 

個人医院の場合は、それぞれが自由にお盆休みを設定することができますので、長めのお盆休みの病院もありますので直接電話で問い合わせてから受診することをオススメします。

 

大体7月の終わりになると、受付付近にお盆期間中の予定などが貼り出されることが多いですね。事前にチェックしておく方が安心だと思います。

 

とはいっても、帰省先や旅行先の場合は、事前に調べておくことはできませんので、自治体の救急相談の窓口を利用すると、オペレーターが医療機関を案内してくれます。

 

引き続き、自治体の救急相談の窓口について紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

お盆休み期間中に急病になったら

オペレーター

 

もしも、お盆休みや夜間や休日などに急病になった場合の対処方法を紹介します。

 

帰省先や旅行先の場合は、病院の場所なども分からないし、体調が悪い場合などは自分で調べるのは本当に大変。

 

そんな時は、自治体の救急相談の窓口を利用すると良いでしょう。

 

まずは、yahooやgoogleなどで「地域名 救急」などで検索をすると自治体の救急体制のページが見つかると思います。

 

その中で、救急医療情報センター、テレフォンセンターなどの電話番号を探しましょう。

 

後は、オペレーターの方に症状等を伝えれば、適切な対処方法や医療機関を案内してもらうことができます。

 

24時間態勢でオペレーターの方が待機していますし、オペレーターの方と話すことによって安心感を得ることもできますので是非活用されてください。

 


 

今回は、お盆休み期間中の病院の営業日を中心にお話をしました。公共の病院と個人医院の場合はお盆休みに違いがあることも解説いたしました。

 

それと、夜間や日曜祝日などで急病になった場合の対処方法もお伝えしました。もしも急病になった場合は参考にしていただければと思います。

 

帰省や旅行などは、移動や遊びの疲れなどがたまり安いですし、お仕事がお休みということで気が緩んでしまうこともあり体調を崩す方も多いと思います。

 

お盆休み期間中でも、ご自身の体調管理はしっかりと行うことが大切だと思います。病気にならないのが一番ですからね!

 

 

【お盆に関する生活関連記事】

 

2015年お盆!ゆうちょや銀行の営業日!引き出し出来る?

 

ETC割引2015年!休日割引の適用日をカレンダーで確認

 

お墓参りのマナー!服装や持ち物などを一発チェック♪

 

2015年のお盆休みはいつから?カレンダーで一発チェック!

スポンサードリンク

 - 生活